初めての異文化交流ツアー@プランバナン

前回の話はこちらから

インテリインド人のジョージとペルー人領事オズワルドと僕でプランバナン遺跡を周ることになりました。

国もバックボーンも年齢も違う人たちとうろうろするのは初めてです。

遺跡の中は結構広めです

とりあえず暑い中ベラベラとしゃべっているとなんとなく人と成りがわかってきました。

インドといえばヒンドゥー教・数学,ITが強い・人はしつこかったり馴れ馴れしいイメージだったけれど、ジョージは敬虔なクリスチャンで大卒・インテリで僕のプログラマの話に興味津々で話がとても弾みます。

そしてペルーといえば…マチュピチュ・地上絵・ワイン、それからラテン系…くらいのイメージでしたがオズワルドはイメージ通りの典型的なラテン系という感じ。フレンドリーでおしゃべり、自分自分自分!という感じ…

ああ、ジョージが誘ってきた理由がわかったぞ。オズワルドとジョージの性格合わないわ。

オズワルドうざいもん。暑いから余計に…ああ、静かに観光したい…

と思っているとプランバナン遺跡が見えてきました。

ヒンドゥー教の最大規模の仏塔が何個もあり、人と比べると随分大きいです。

綺麗な仏塔もあれば崩れてしまった仏塔もあります。

スマトラ島地震の際もいくつか崩れ落ちてしまったみたいです。

周りの緑も色が映えていていい感じです。

 

オズワルド「K!写真を撮ってくれないか?格好よく撮ってくれよ〜」

K「いいよ!」

オズワルド「K!写真を撮ってくれないか?」

K「いいよー」

オズワルド「K!写真を…」

K「うん…」

 

オズワルドが写真を撮ろうとした瞬間にジョージはスススといなくなります。

これがお前らのやりかたかあああああああ!!!

とりあえず僕の写真も撮ってもらいまくってお互い様としよう。

写真を撮りまくったり仏塔の中に入って祀られている仏像やレリーフを見学しながら

K「ジョージ、君はクリスチャンだけどヒンドゥー教のことわかる?この仏像やレリーフだけど…」

ジョージ「あまり詳しくないけどバックボーンはなんとなくわかるよ。これは〜の神様で〜」

オズワルド「そんなこといいから写真撮ってくれよ!!」

K・ジョージ「…」

みたいなやりとりを繰り返していると綺麗な夕焼けになってきました。

 

ああ、これを見るためにプランバナンへ来たんだ…そう思わされる景色に目も心も奪われてしまいました。

なかなか写真で伝える技術はありませんが夕日はプランバナンで見るのがとてもオススメです。

さあ、帰ろうかな…とジョージと歩いていると

オズワルド「おい!K!ジョージ!あっちにも遺跡が二つあるらしいぞ!!行こう!」

と言ってきました…

さあ、どうしよう

つづきます!





Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。