【実体験】イスタンブールでは詐欺師に気をつけて!

こんにちは。Kです。

周遊旅行の最後に選んだ都市としてイスタンブールに行ったんですが、そこでいきなり詐欺師に捕まってしまいました。

被害者を増やさないため注意喚起になればと思います。

後で調べてみるとかなり似たような事例があったので僕のケースをお話していきます。

詐欺師に出会うまでの経緯

北米→ヨーロッパ→中東と来て最後にトルコに入国しました。

孤独な旅をずーっと続けていたので精神を段々病み始めもう帰ろうか悩んだのですが、ずっと行きたいと思っていたイスタンブール空港に到着するも全世界対応SIMカードのThreeが…

トルコでは使えない・・・

なんとなく旧市街の交通の便も良さそうな朝食付き宿をゲットしてたのですが、詳細な位置を覚えていませんでした。

「もう疲れたし…空港の待ち時間で調べればいっか」と寝ぼけたことを考えていたのですが

電波を拾ってるシグナルはあれどネット接続ができません。そしてアタトゥルク空港のWi-FiもSMSで認証するタイプなので使えません。

ネット中毒の僕はこの時点で不安でたまらなくなりながらも街の人に訪ねて旧市街の方にどうにか向かうことができました。

不幸中の幸いでホテルの住所と最寄駅だけはわかっていたので親切なおじさんがこの辺りだなと教えてくれなんとか最寄駅までは到着することができました。(この時PM9:00)

そこから露天の人に聞いたりしてたのですが中々見つからなかったのですがiPhoneを持っている男の人がいたので「ここに行きたいんだけれどmapで調べてもらえない?」と聞くと快く「OK!」が返ってきてすぐ近くだから案内してくれることになりました。

しかしこれが詐欺師でした。(自分から声をかけてしまった…)

詐欺師の設定

僕が声をかけた時は一人の男でしたが近くに仲間が一人いるらしく、詐欺師たち二人の設定はこんな感じでした。

詐欺師A.トルコ人(アンカラから来たトルコ人。東アジア向けの貿易会社で働いており、昔鹿島建設でも働いた経験があるため日本について詳しい)でドバイから来た友達にイスタンブールの案内をしに来た。以下、詐欺師A(アンカラのA)

詐欺師D.外国からバカンスに来た男。(僕の時はドバイから来た設定。父親が会社をやっていて今はそこで働きながら勉強中)以下、詐欺師D(ドバイのD)

二人ともこの街の人間ではないということで君と同じよそ者だということをアピールしてきます。

※ちなみにふたりとも英語がきちんと喋れるのでコミュニケーションは苦にならない

他の人が被害にあっていた手口

①カモになりそうな観光客に声を掛ける(ライター貸してくれないか?等)

②飲みに行く

③エロい店に行こう!といってキャバクラなどに連れてかれる

④お会計ウン万円です。

みたいなパターンが多かったです。

 

次のページから実際に僕が騙された手順を載せていきます。





Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。