バンコク夜遊びデビュー MP編




前回の話はこちらからどうぞ

 

長かった周遊旅行ももう最後の夜、孤独とひもじさをカオサン通りで寂しさを紛らわせようとするも失敗。

 

打ちひしがれながらアソーク駅までバイクタクシーに乗ろうとしたら陽気なタイ人の物売りの兄ちゃんがバイクタクシーを親切に止めてくれて英語の通じないバイクタクシー運転手に行き先を伝えてくれた。

 

兄ちゃん「日本人?」

K「うん」

兄ちゃん「KONNICHIWA~」

K「」笑

兄ちゃん「ひとりなの?観光?ジキジキ?」

K「観光だよ!マレーシアとシンガポールも周ってきた!ジキジキって何よ?」

兄ちゃん「ジキジキ~行ってきなよ」ニヤニヤしながら腰を振る

K「う、うん。でもオカマだったらやだ。怖い」

兄ちゃん「マッサージパーラーはオカマいないし日本人に人気だぞ。ポセイドンとか」

K「どこにあんの?」

兄ちゃん「ラチャダーピセーク通りだから~MRTの駅だな。駅名は知らん」

K「とりあえずありがと。調べてみるよ。ばいばーい」

兄ちゃん「ジキジキ~」ニヤニヤしながら腰を振る

 

いや~まったくいいこと聞いたぜ。でも、怖いから一回調べてから考えることにした。

 

ブーンとアソーク駅までひとっとび。アソーク駅はBTS(モノレール)とMRT(地下鉄)両方ある巨大ハブ駅なので歩きつつマッサージパーラーについて調べながら歩いていると

hqdefault

 

すげえ・・・なんだここ

 

 

これは金魚鉢と呼ばれるショーウィンドウで女の子が中で待っていて客待ちをしているらしい。

 

そして兄ちゃんが言っていたポセイドンっていう店もすぐに日本語で出てきた。どうやら日本人駐在員に人気のあるお店らしい。兄ちゃん疑ってごめんよ・・・

 

マッサージパーラーとかの夜遊びについてはこちらをみてください。

 

何やらポセイドンとナタリーというお店が日本人人気の1,2を争っているらしくMRTのスティサン駅周辺に点在しているみたい。

 

なんとなくナタリーって名前の方がかわいい感じがしたのでナタリーに行くことにしました。なんかポセイドンってごっついおっさんでてきそうで嫌だし

場所はここ。

 

くらーい夜道を本当に大丈夫かなあ殺されないかなあと心配になりながら歩くこと5分。



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。