晴れの日の散策 ベトナム軍事博物館編

今回はベトナム軍事博物館とベトナムの戦争について書いていきます。

 

前回のタンロン遺跡はこちらから

 

ページの最初の画像は有名なピューリッツァー賞を取った『安全への逃避』です。これは日本人戦場カメラマンの沢田教一さんが撮った写真です。

 

僕が尊敬するカメラマンの一人です。

 

さて、タンロン遺跡を後にした僕たちはベトナム軍事博物館に向かいました。

 

ベトナム軍事博物館はタンロン遺跡から200m、しかし暑すぎてタクシーを使ってしまいました。

 


ベトナム軍事歴史博物館は名前の通りベトナムの戦争の歴史の資料が展示されています。

入場料は4万ドン(200円)くらい

 

やっぱりベトナム戦争についての品が多いです。

 

入り口横にはいきなり戦車が置いてあります。本物ぽいです。

IMG_5519

 

 

建物はこんな感じで西洋の政治建造物みたいです。

IMG_5520

 

 

こんなものが向かってくるなんて考えただけで恐ろしい・・・

IMG_5521

 

飛行機を撃ち落とす高射砲

 

IMG_5522

 

爆撃機?

 

IMG_5523

 

ホーチミンが神のように祀られてます

IMG_5524

 

刀です。ベトナムの刀も日本刀のように反りがあるみたいです

IMG_5525

 

 

昔の大砲のミニチュアです。この時代は西洋伝来のものがメインだったようですね

IMG_5526

 

古い刀

IMG_5528

 

国旗掲揚塔。昔は監視塔として使われていたみたいです。

IMG_5530

 

はためく旗。かっこいい

IMG_5540

 

 

これも有名な撃墜されたB52の残骸です

 

IMG_5545

 

 

違うタイプの戦車

IMG_5547

 

兵士や物資を運ぶジープ

IMG_5548

 

ミサイル

IMG_5549

 

踊る(?)兵士の像

IMG_5550

 

砲弾。こんなものが降ってくるなんて恐ろしい。

 

IMG_5552

 

軍服

IMG_5559

 

 

ライフル

 

 

 

IMG_5562

 

なんか共産主義っぽいですね

IMG_5563

 

 

軍人なのか軍の学生なのかわかりませんが、社会科見学みたいなのをしていました。教官のような人が説明をしていて時々「おぉ〜!!」と声が挙がっていました

IMG_5566

 

最後に車

IMG_5564

 

 

IMG_5565

 

中学校や高校の歴史の授業では近代史はほとんどと言っていいほど教えられないため、ベトナム戦争というものが起こったのは冷戦の影響だということと枯れ葉剤と地雷という反人道的な兵器が使われたというくらいしか知りませんでした。

 

今回はベトナムに行くということでベトナム戦争について少し学んでみました。ソ連、中国などが支援した北ベトナムとアメリカや韓国などが支援した南ベトナムとの戦争で、アメリカ軍視点の映画は『フルメタルジャケット』や『プラトーン』など有名なものも多く作られているけれど北ベトナム側の視点のものは見つけられずアメリカ視点の知識を持った状態で行きました。

 

しかし、今回ハノイで博物館の資料などをいろいろ見てアメリカという国はプロパガンダがうまいんだなあとつくづく思いました。

 

今、『イスラムは悪であり、繰り広げられている蛮行は正さねばならない』と主張して対立している欧米諸国を見ると昔は『共産主義は悪、正さねばならない』と掲げて、正義のために立ち上がろうと世論を煽ったんだろうなあということが容易に想像できますね。

 

今回の旅で一つのニュースで全ての情報を鵜呑みにするようなことはせずに複数のニュースを見て様々な視点からの見解を学ぶことの大事さを学びました。

 

なんか感想文みたいになっちゃいましたね笑

 

この時考えたことが基となって実際に自分で見て判断するようになったような気がします。

 

一通り博物館を見た後、敷地内にあるカフェでお茶をしている時にO君に感想を聞いたところ

 

O君「う〜ん、なんか中は寒くて外は暑いね。ちょうどいいところないのかな?」

 

もう聞くのはやめることにしました。

 

つづきます

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。