これさえ乗れれば騙されない!バンコク市内の動き方

 

タイ旅行記を書いている途中ですが、今回はバンコク市内最大の足、

MRTとBTSを紹介

 

BTSはこんなモノレール

12-02-04-1

 

 

MRTは地下鉄です。

___77

 

 

これら2つはバンコク市内を網羅しており王宮以外のエリアを網羅しています。

 

trainmap
http://www.sakura-bkk.com/trainmap.htmlより引用

 

そしてこれらを使う最大のメリットは

騙されないこと

 

これはバンコク市内で最大のメリットだと思います。

 

このメリットさえあれば何もいりません笑

 

そこで今回はこれらの乗り方とお得な利用を書いていきます。

 

まずは

・MRT

images (2)

 

こんな感じでペイントされていることが多くスタイリッシュな車両が見てて楽しく高架鉄道なのでバンコク市内の景色も楽しむ事ができる乗り物です。

 

blog_import_4f6bc4cd2147c

 

チケットを買う前にまずは値段をチェックしましょう。

 

自分が今いる駅から目的地まで何バーツかチェックします。

 

初乗りは15バーツで、距離に応じて値段が増えていきます。

 

値段がわかったら切符を買いましょう。

2014_04070072

 

小銭や小額紙幣があるならこの券売機でスマートに購入できます。

 

f0189467_00293157

 

 

タッチパネルで目的地も確認できますし英語に直すこともできるので日本の切符購入よりわかりやすく安心です

 

ですがここでお勧めしたいのはこの

rabbitcard_1

 

ラビットカード!

 

日本でいうところのSuicaやPASMOなどのプリペイドの切符です。

 

これは窓口で300バーツで購入する事ができて、内訳は150バーツ(発行手数料)・100バーツ(チャージ)・50バーツ(デポジット)です。

 

200バーツも使えないもので取られるならあまり得じゃないと思うかもしれないけれど、切符で毎回購入するよりお得で時間短縮することができ、50バーツはデポジットなので不要になったら返金することもできます。

 

また来るよ〜って人も一定期間は利用可能なのでとっておくこともできます。

 

そしてここ数年でタイは進化しており、セブンイレブンなどで電子マネーとしても使えるみたいです。さらに利用に応じてキャロットポイントというのが貯まりお得に使うこともできるそうです。

 

うさぎだからポイントがにんじんなのは可愛いです。

 

さて乗り方は

36ebd8f5046b7ac4_S2

 

ラビットカードは上の台座に、切符はG06と書かれてるところに入れるだけです。上の画面には残高が表示されるので確認することができます。安心ですね。

 

ラビットカードはSuicaなどより少し多めにタッチしておいたほうが反応がいいですよ。

 

もうあとは乗って目的地で降りるだけ。煩わしい値段交渉もないなんて最高ですよね。

 

次は

・MRT

 

MRTは地下鉄です。

 

MRTもBTSとほとんど同じです。

 

しかし3つほど違いがあります。

 

1つめ

02367d2f

 

金属探知機

 

大きな荷物を持っているとたまに止められますが、基本的にスルーされているので果たして本当にこれが必要なのか気になる程です。

 

2つめ

mrt_05

 

切符

 

MRTは通常はトークンと呼ばれるICのコインを使います。回転寿司のお皿の底についているやつと同じやつですね。

mrt12

 

そしてこちらもラビットカードみたいにICカードが違います。※

※2015年現在ではラビットカードと共通化が図られているみたいですが、私はまだ確認できていません。。。ごめんなさい

 

これらを購入したら改札を通ってあとは乗るだけ

___77

 

東京メトロ南北線を彷彿させるこのホームで待つだけ!

 

簡単ですよね!

僕は初めて乗った時心臓ばくばく、不安でいっぱいだったのでこれを読んでくれた人の不安が少しでも和らいでくれれば幸いです。

 

これさえ乗れれば騙されないんで済むんです!

 

また旅行記にもどりまーす

 

 



style=”display:inline-block;width:100%;height:90px”
data-ad-client=”ca-pub-8428226969174222″
data-ad-slot=”3668013791″>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。