ピンクすぎる街に圧倒される




前回の話はこちらから

 

 

コロッケを食べたらまたぶらぶらします。

ヨーロッパはせわしなさそうなイメージでしたが、アムステルダムはなんだかゆっくり時間がながれているような気がします。

SONY DSC

 

アムステルダムは街の中を運河が通っているので船も立派な移動手段です。

 

アムステルダムの路面電車
アムステルダムの路面電車

 

路面電車も走っていてとても風情あふれる街です。

 

アムステルダムは2つのことで有名です。

売春と大麻

です。

 

RED LIGHT DISTINCTと呼ばれる赤線地帯があり、そこでは飾り窓と呼ばれるショーウインドウで売買春の交渉が行われています。

 

SONY DSC
ぶらぶらしていたら迷い込んだ赤線地帯

 

そして奇しくもその地域に迷い込みました。これ以上先でカメラを構えると良くて警察に怒られる。悪いとカメラを女性にぶっ壊されるそうです。注意しましょう。

 

SONY DSC
アムステルダムを風刺するペイント

 

風刺するペイントが街中にあったりとても面白いです。

 

SONY DSC
海抜0m以下の街

 

よく建物を見ると河よりも建物の入り口の方が下にあることがわかります。

 

SONY DSC
売春婦の像

 

ウロウロしていると教会の近くに売春婦の像がありました。

 

アムステルダムでは売春は合法なのでそこで働く人達は職業:売春婦として働いています。セックスワーカーとして奇異の目で見られたり観光ルートになっており、品のよろしくない日本の女子大生らしき人達が手を叩きながら飾り窓を見て爆笑していましたが飾り窓の人達は誇りを持って働いているそうです。

彼女たちからするとそのちんちくりんな体型の女子大生のことをシンバルを持った猿のおもちゃのように見えるのかもしれませんね。

SEXミュージアム
SEXミュージアム

 

こんな土地柄からかセックスミュージアムもありました。

 

時間が無かったので中には入りませんでした。

 

なかには笑えるエロからマジなやつまでいろいろあるみたいです。

 

そしてこのあたりは時折変な匂いが漂ってきます。大麻の匂いらしいです。

 

アムステルダムではコーヒーショップで大麻を吸うことができるらしいのですがこのあとイタリアに行く際に空港で止められたりするのは厄介だったのでやめておきました。

乗り継ぎの方はやめておいた方がいいかもしれません。

 

SONY DSC
エロショップだらけの街

 

さらにぶらぶらしているとエロショップの多さに驚きます。誰でも見れるショーウインドウにAVオナホから極太ディルドまで所狭しと並べられています。

 

子連れの観光の際はうろつくエリアにご注意ください

 

SONY DSC
日本のAVは闘っています

 

一つうれしかったことは日本のAVが一番目に着く位置に陳列されていたことです。コンビニでは売出し中の新商品の地位です!!

 

日本のAVはヨーロッパを代表するピンクタウンのアムステルダムで他のポルノと十分に戦えるほどの地位があるみたいですね。

 

がんばれ!日本のAV!!

次回はちゃんとピンクじゃないところも紹介します。

つづきます



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。