孤独に戻って最後に泊まる夢のドリームホテルへ


前回の話はこちらからどうぞ

 

折角できた友人とも別れ、孤独に戻り心にぽっかりと穴が開いたままモー・チット駅から見慣れたBTSに乗ります。

 

いつも思うけどBTSのエスカレーター早すぎだろ!!

 

お年寄り乗れねえだろ!っていうレベル。

 

ああ、孤独。向かい側の白人女性バックパッカーグループが和気藹々としゃべっているのが羨ましい・・・

 

今回予約したホテルはドリームホテルバンコク

何やらポールスミスがデザインしたホテルらしく、最後の日くらいパーッと過ごそう!ということで選びました。

 

BTSのアソーク駅から徒歩5分くらい、MRTのスクンビットからだと徒歩7分くらいでしょうか。中心地で中々の好立地でいいホテルなのに1万円程度なので選びました。

 

というわけでアソーク駅を目指します・・・

 

寒い・・・BTSは相変わらず寒すぎるよ。15分以上乗るときはウインドブレーカー必須だよ・・・

 

というわけでアソークに着きました。

 

ここに向かいます。

 

てくてくてくてく歩いてガラガラ荷物を引いていきます。

歩道が無いので大きなトランクを持っていると車にぶつかったりしないか心配になるけれど、タイ人のドライビングテクニックはすごいです。

 

ぶつかりそうになってもギリギリでひょいと避けていきます。

 

ちょっとあるくと到着しました!

IMG_7100

 

DREAMの文字。Agodaに載っていた写真は夜撮られたものなので昼はネオンはあまり目立っていませんね。

 

IMG_7034

いや~ロビーが豪華すぎるだろ・・・

 

お寺みたいになってるじゃん!!

テンションあがって写真を撮っていたらベルボーイが写真も撮ってくれました。ナイスホスピタリティ~

 

ここはポールスミスデザインということもあって椅子はやっぱりこの柄なんですね~

IMG_7157

チェックインして部屋に案内されます。

 

IMG_7035

ダチョウ?

IMG_7044

なんか綺麗すぎて緊張する廊下

IMG_7041

 

部屋に入った第一印象はというと

 

ラブホみたい

 

だって青いネオンだけ付けれたりするんだもん・・・

 

IMG_7040

ウェルカムクッキーとウェルカムアポーが置いてありました。

 

このりんごは果たして食べれるのだろうかと不安に思ったので最後まで口にしませんでしたがクッキーはとてもおいしかったです。

 

IMG_7042

バスローブもあるのでサングラスとワイングラスで裕次郎ごっこをできる!と思ったけどそれを見て笑ってくれる人もいないのでやめておきます。

 

とりあえず最後に泊まるホテルとしてドリームホテルは大満足なのでいざ腹ごしらえをしに行きます!

 

IMG_7114

入口のセクシーポーズ象さん像に見送られて出発です。

いってきま~す。つづきます!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。