シンガポール移動手段


こんにちはけーです。

 

今回はシンガポール国内での移動手段とそれぞれの利用方法を紹介します。

 

シンガポールは東京23区ほどの広さの国土を持っていますがそのうちの58%は国有土(政治利用・公共住宅・軍事基地など)なので自由な商業エリアで換算するとかなり狭いです。

 

そんな狭い国土なので交通網はほぼ全土を網羅しているので旅行で訪れて行きたいと思う場所のほとんどは公共交通機関を利用すると訪れることができます。

 

 交通機関の種類

・電車(MRT)

DSC00978

 

・バス

113840538dda8f14_S

 

・タクシー

IMG_6877

 

この三種です。日本と同じですね。

 

 電車の乗り方

まず電車についてです。

IMG_0323

 

チケットオフィスもしくは左側に見える券売機でチケットを購入したりチャージします。

IMG_0319

路線図はこんな感じでいろんな路線を組み合わせてチケットを購入したり目的地までの料金をチャージするだけです。

 

東京と比べると驚くくらいシンプルな路線図ですね

 

IMG_0322

 

チケット買ったら改札機に向かいます。

 

改札抜ける動画を撮ってみました。よかったらどうぞ

 

IMG_0321

 

抜けたらホームに行って行き先の方向の電車に乗るだけです。

 

 バス

シンガポールにバス会社は2社あります。

・SBS

・SmartBUS

です

バスの路線図は路線図ガイドを購入するか、無料のアプリをインストールして調べることができます。

 

transportapp

 

My transport Singaporeは乗り換え案内です。

 

バスはかなりローカルな乗り物ですが安くもないのであまりお勧めできません。

 

乗るときはバス停でぼーっと立っているだけでは止まってくれない可能性があるのでバスが近づいてきたら手をあげたり乗る合図をするようにしましょう!

 

 タクシー

シンガポールで一番お勧めの乗り物はタクシーです。

シンガポールのタクシーは初乗り$3で1kmあたり$0.55追加されていきます。

狭い国土なので観光地と観光地を行き来したり買い物してたくさん荷物があって暑い中駅まで歩いたりホテルまで歩きたくないときに気軽に利用できます。

 

ただ注意点がひとつ!

追加料金です!

 

 

日本でも深夜料金がありますが、シンガポールではそれが細分化されています。

・深夜料金(24~6時)

料金50%アップ

・ピークアワーチャージ(6時〜9時半)

料金25%アップ

・シティチャージ(定められたシティエリアからの乗車時)

$3追加

 

などなどいろいろな種類があります。

シンガポールのタクシーは厳罰国家なだけあってぼったくったりしてくるドライバーはいませんでしたが、念のためお会計後のレシートは確認するようにしましょう。

 

 最後にお得な乗り放題カード

観光者向けに販売されているツーリストパスがこちらです。

DSCF2210

1日$20

2日$26

3日$30

で、これにデポジットとして$10支払います。

 

購入できる場所はチャンギ空港の駅、オーチャード駅、チャイナタウン駅、シティ・ホール駅、ラッフルズ・プレイス駅、ハーバーフロント駅、ブギス駅でできます。その際パスポートが必要となるので注意が必要です。

 

これさえあれば買った日数の間はMRT(電車)とバスが乗り放題です。

 

楽チンな旅をするなら是非このカードがお勧めです!

何かの役にたてば幸いです。良い旅を!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。