知らないと笑われる。気を付けるべき日本のガラパゴス常識10選


こんにちは。Kです。

 

皆さんはマナーというものを注意されていますか?

完璧だよ!という人がほとんどだと思います。ですが、そのマナー日本特有のガラパゴスマナーかもしれませんよ。

 

今回は実際に旅をして気付いたり本を読んでへぇ~と思ったり、恥ずかしながら実際に注意を受けたマナーについて紹介していきます。

 

こんなこと当たり前だよ!!と胸を張って言える人は育ちがいいと思います。

 音を立てて飲んだり食べたりしてはいけない

これは当たり前だよ!と思う方多いでしょう。有名です。

でも、これクチャラーはもちろんのことスープや麺を啜ったりすることもNGです。

麺類は啜って食べなきゃうまかねえ!そんなあなた、現地の人から白い目で見られていますよ。

※ラーメンは世界進出が近年進んでいて啜って食べるものだという認識が一部でされ始めてるみたいです。いつの日かラーメンは啜って食べてもOKとなる日が来るかもしれませんね

 食べるときに茶碗を持ち上げたりしてはいけない

これは意外とできていない人が多いですね。僕も食べ辛いですが持ち上げたいところを必死に我慢しています。

お茶碗を持ち上げて食べる文化は珍しい文化みたいですね。

調べてみたら、日本は昔は床でご飯を食べていてなおかつお箸をつかっていました。

旅館や時代劇のように足つきの台座に料理を入れていたのは公家や武家、富裕層などだけで圧倒的大多数は床だったんですね。そうするとお箸では食べこぼしてしまったりで床が汚れてしまいます。その食べこぼしを防ぐためにお茶碗を持ち上げて食べるという文化が出来上がったようです。

余所の地域はどうかというと、欧米ではテーブルでご飯を食べます。コースは一皿一皿、ワンプレートで完結するような食文化です。またテーブルナプキンなど服が汚れることは少なく持ち上げる必要がありませんね。

また他のアジア地域では日本より先に「匙」の文化がありました。床で食べても匙を使えば食べこぼしが少ないですよね。

そんなこんなで持ち上げるのは皿や茶碗を持ち上げて口元に持っていくのは食べこぼしをコントロールできない未開の地の人のような印象を受けるみたいです。

 

僕は昔、指摘されて顔から火が出るほど恥をかきました。

 お店に入ったら挨拶する

これは地域と店舗によると思います。

ショッピングモールやフランチャイズ店ではしなくてもいいですが、個人のお店やハイブランドのお店では特に必要です。また、欧米では特に必要です。

無言でふら~っと入ってきてそのまま出ていくことをされると何か盗んでいったんじゃないかと心配になるようです。

語学が苦手という人でも笑顔で挨拶をするだけでかなり相手方の心象が変わってきますよ。

 

 写真はTPOをわきまえて

日本人旅行者のステレオタイプをご存知でしょうか。

・メガネ

・出っ歯

・カメラ

もう過去のステレオタイプかもしれませんが、昔から今も続いているものがあります。

そう、カメラです。

写真をカシャカシャ狂ったように撮っているのを見るだけで日本人であることが判別可能です。

ですが、TPOをわきまえなければいけません。

高級レストランに入り運ばれてきた料理を食べずにスマホでカシャッ。もっとひどいと一眼レフでフラッシュたいてパシャリ。

 

そりゃあ、入店拒否やらトイレの近くみたいな奥の席に案内しますよ。

一回しか来ないような客のマナー違反によって常連のお客さんの楽しい時間を台無しにするようなことは店側は絶対にしたくないと思います。

以前、GACKTさんがパリのレストランでトイレの近くの席に案内されて人種差別を受けたという記事を見ましたが、お店側はマナーの悪いアジア人観光客にうんざりしていたのかもしれません。

ただの人種差別であったのであれば憤りを感じますが、店側の主張も知らなければとやかくどっちが悪いということができないなと思います。

もちろん、写真に収めて帰国後に「これおいしかったなあ」と思い出にするのはとても良いことだと思いますが、TPOをわきまえて撮影される事をおすすめします。

また、人やお店などを撮影する際にはきちんと一言撮っていいですかと聞くことが常識じゃないでしょうか。

ホテルの備品を持ち帰るのはやめよう

日本でも常識ですね。僕の勝手なイメージですがおばちゃんがいっぱい持って帰っているようなイメージです。

※持って帰っていないお姉さまごめんなさい

これは日本人ではありませんが、中国人宿泊者がテレビを持って帰ったりととんでもないことをしているというのも聞いたことがあります。

ホテルは宿泊するところで、タオルやシーツなどはホテル側もリースなどなので勝手に持って帰るのは立派な窃盗です。

持帰るのはせいぜい石鹸くらいにとどめましょう。

靴を擦って歩かない

コツコツコツと革靴やヒールで小気味よく歩いているアジア人をあまり見たことがありません。

若者から世界中を飛び回っているようなビジネスマンまで靴を擦るようにズーズー音を立てて歩いているさまはみっともないです。

こんなにみんなすり足で歩くなんて最早日本の文化として定着しているんじゃないかと思うほどです。

若者がでかいブーツを履いて腰パンして靴を擦って歩いているのを見て嘆いている場合じゃないですよ。

高級ホテルに金にものを言わせて宿泊している教養のない成金アジア人と周りから嘆かれているかもしれませんよ。

 タクシーは自分で扉をあける

海外のタクシーは自動でドアが開いたりしません。自分で開けましょう。

また、ちゃんとメーターで行ってくれるかなどの交渉をする際はすぐに乗り込まずにドアを開けて顔だけ覗き込むようにして運転手と交渉する方がベターです。

 

 満員電車がだったら無理して乗り込まずに次の電車を待とう

日本の都市部ではおなじみの満員電車。うんざりですね。人身事故後とかだともうカオスです。

ギュウギュウすし詰めになりながら目的地に向かう。中にはケンカが起きたり水面下の攻防が繰り広げられていたりする例のあれです。

こんな満員電車ですが、満員だったら次の電車を待つのがマナーです。

※国に依ります

 血液型占いなどない

これもかなり有名ですね。血液型で縛られるのは世界中見渡しても日本だけです。

どちらかというと星座占いの方が話題に挙がるみたいですね。

 

以上、10個全てできていた方はグローバルな常識人です。

知らなかった方はこんなルールがあったなあと次回の旅行の時に思い出してもらえたら幸いです!

郷に入っては郷に従え

ということですね!

 





Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。