ビクビクしながらサンチャゴ要塞へ

こんにちは。Kです。

前回、ビッカビカのハイアットシティオブ ドリームスマニラについた話はこちらから

マニラの父ことタクおじが教えてくれたマニラをうろつく時の教訓を胸に、カメラなども含む貴重品は全てホテルに置いて、小さいバッグに以下のものを詰めました。

・財布

強盗に渡す用財布

・スマホ

・ガイドブック

・水

・パスポートのコピー

これで準備万端です。

ずんずんと煌びやかなホテルを出て行きます。

この時両替商を探すのも面倒なのでコンシェルジュに両替してもらいました。

レートはよくないですが時間が無い時、いざという時に使えます。

 

ロビーを出てドアマンに行き先を告げ、タクシーを呼んでもらいます。

*こうやって乗らないとホテル側でタクシーNo.や部屋番号・行き先などをチェックしてくれないことがあるのでやりましょう。

 

タクおじとは打って変わって無口なおじいちゃんドライバーでしたが、ちゃーんとサンチャゴ要塞までメーターで行ってくれました。市中、バンコクほどではないですが交通量は結構ありました。運転マナーもバンコクよりはよかったです。

というわけでイントラムロス内のサンチャゴ要塞につきました。


ルートはこんな感じでひたすらまっすぐだったので楽チンです。

 

スペイン統治時代に作られたサンチャゴ要塞に入りました。

入場料:75ペソ(150円くらい)

ここはマニラの歴史上の要所で、激動のマニラをずっと見てきた場所でもあります。

なぜかwikiは英語だけ・・・

 

ざっくりサンチャゴ要塞についてお伝えすると、

 

・スペインによって征服され、スペイン人たちの支配拠点となった場所

・アメリカの植民地となり、支配拠点となった場所

・大日本帝国に征服され、支配拠点となった場所

です。

なんとなく重苦しさが伝わったでしょうか。

馬車もいますが、十分歩いていける距離(徒歩10分程度)なので乗らなくてもいい

サンチャゴ要塞入り口周辺は銅像がたくさんあってフォトスポットとしても人気のようです。

みんな撮影したり遊んでたりと平和です。

ちょっとネタにできなさそうな銅像たちもいます。

そしてこちらがサンチャゴ要塞。

ここもフォトスポットです。手をあげてる人は僕じゃないよ笑

中に入ると慰霊のような建物がありましたが、今回は時間がなかったので行きませんでした。

時間がある時にまた訪れてどんな場所か知りたいなあ。

中には猫がいます。夜のお姉さん同様貧乏な僕には目もくれません。

 

右の方にある鉄格子が牢屋です。

この牢屋は川よりも低いところにあるため水牢にもなります。

ここに人を入れて水を入れたらどうなるかは想像通りです。

 

 

最後に大砲を発見して終わりです。

果たしてこれは本物なのだろうか。

 

簡素で少し暗い雰囲気の観光地ぽくない場所ですが、中に入ると客引きなどもおらず安心して観光することができました。

というわけでマニラの目的だった1つをみることができたので今度はイントラムロスへ行きます。

つづきます!





Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。